天然酵母の特徴

  • TOP
  • 天然酵母の特徴

ゆっくりと時間をかけて発酵

ゆっくりと時間をかけて発酵

天然酵母を使用してゆっくりと時間をかけて発酵することにより奥深い風味と豊かな味わいが生まれパンをより一層おいしくすることが出来ます。
野の舎では手間を惜しまず時間をかけて一つ一つ焼き上げてお客様に喜んでいただけるパンをご提供致します。

天然酵母と自家製酵母を使用

天然酵母と自家製酵母を使用
パン作りで表現できる幅は限られていて、狭い中でどのように自分のパン作りを表現できるかを野の舎では酵母の使い分けで工夫しています。

野の舎では、ルヴァンリキッドをメインにぶどう酵母、レモン酵母、ホシノ天然酵母をそれぞれの特徴に合わせ使い分け
イーストの使用は最小限に抑えていつ食べても美味しく 飽きないで食べ続けることができるパンを、ココロとカラダが「おいしいぃ~っ」っと喜ぶパン作りを目指しています。

野の舎の天然酵母

☆ルヴァンリキッド
「ルヴァン」は発酵種、「リキッド」は液体のこと。
野の舎ではライ麦から起こし小麦粉で継いで作った発酵種を使用しています。
ルヴァンリキッドを使ってじっくり発酵させて焼いたパンは香りがよく風味も豊かです。
またいろいろな種と併用することによってそれぞれの特徴を生かしたパンを作ることができます。
☆ぶどう酵母
ぶどう酵母は他の発酵種と比べて甘みが強いです。
生地の糖度も上がりクラクトが甘く香ばしいパンに焼き上がります。
☆レモン酵母
レモン酵母はとても爽やかな風味で、もっちりとしたパンに仕上がります。
ルヴァンリキッドと併用して使うことにより、とても奥行きのある風味でしっとりしたパンに焼き上がります。
☆ホシノ天然酵母
日本古来の醸造技術を応用したパン種です自然界から採取した酵母により、熟成の旨味が引き出されます。
もっちりしっとり味わい深いパンを作ることができます。